FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行動指針に込める想いをご紹介

2018年08月14日
本日は10の「行動指針」の5番について理事長の武藤がお話しした内容をご紹介します。
【5.私たちは、情熱ある優秀な人材が集い、働き続けることができる職場環境を実現します】
私たちは人材の採用にはこだわりを持っていますので、採用がなかなか難しい面もありますが、組織に合わない人の採用は、お互いに大変になることが多いと感じています。更に、教育後すぐの退職は、労力が実らないということがあります。
そのため、全力を傾けて採用していますが、一番良いのは院内や知人からの紹介と思っています。「この人はうちの組織に合うのではないか」と思う人を紹介してもらい、入職したケースはこれまでもうまくいっているように思います。
働き続けることができる職場環境という点では、年月をかけながら少しずつ充足してきています。
お子さんのいる方たちが働きやすいよう、短い時間の有給もフレキシブルに使えるようにしたりと、まだまだではありますが皆さんが働きやすいと思ってもらえるように、今後も少しずつ実現していこうと思っています。
そのためにも、安定した経営基盤を築くことが重要となりますので、日々の対応をよろしくお願いいたします。
ひまわり
スポンサーサイト

行動指針に込める想いをご紹介

2018年07月17日
本日は10の「行動指針」の4番について理事長の武藤がお話しした内容をご紹介します。
【4.私たちは、在宅医療を学ぶ場を提供し、地域医療の普及・発展に貢献します】
教育をはじめたのは、副院長の井口さんの貢献が大きく、麻布台院長の日向さんが専門医を取り、その後何人も専門医が出ています。
更に、様々な専門職や学生さんがCLを訪問し、在宅医療を勉強する機会を提供しています。
(最初は日本医大の看護師さんが在宅医療研修を行う所から始まりました)
教育を実践する際には、説明する人の時間や患者さんへの配慮など、労力がかかっている部分もあると思います。
同時に、教育は「物事を知る」、「使う」、「人に教える」という3段階があります。
自分が知っているだけでは十分ではなく、それを使って患者さんへのサービスの質をあげること、最終的には本人にとって学びが深く定着することがあり、自分たちにとっても教育は重要となります。
CLにとっても新しい人が来ると活気が出ますし、自分たちが見られる側面もあり、自分たちを見直す機会となります。
また、私たちが教育を提供する、研究を行うというのは、社会的責任としてやるべきことと考えています。
日々大変なこともあるかもしれませんが、臨床を行うだけではなく、地域への貢献や新しいものを作っていくことを鉄祐会として継続的に行っていきたいので、よろしくお願い致します。
今週は教育という観点で、新しい人が来たときにはできることはないかを考えたり、今までやってきたことを振り返る1週間にしてもらえればと思います。
行動指針4

ウェブマガジンcoFFee doctorsに掲載されました

2018年07月11日
祐ホームクリニック平和台院長 林伸宇が、最後までその人らしく過ごせるように、という思いで取り組んできたとを記事にしていただいています。是非ご覧ください!
こちらからどうぞ⇒coFFee doctors

サントリーホールディングス(株)の健康経営施策としてインティグリティ・ヘルスケアの「YaDoc」を提供

2018年07月05日
当院の関連会社インティグリティ・ヘルスケアが開発したオンライン診療システムに関する記事が日本経済新聞に掲載されました。
是非ご覧ください!
詳しくはこちらから⇒日本経済新聞

行動指針に込める想いをご紹介

2018年06月26日
本日は10の「行動指針」の3番について理事長の武藤がお話しした内容をご紹介します。
【3.私たちは、地域の医療・介護パートナーから最初に選ばれるクリニックとなります】
最初に選ばれるのがどういうことか、逆を考えると分かりやすいと思います。私たちが訪看さんやケアマネさん、行く病院を選ぶとき、お願いする順番があると思います。
当然ながら、患者さんのタイプや生活環境をみて、お願いする病院や訪看さん、ケアマネさんを考えることは十分にありうる話です。
私たちは、困難な事例、例えばがんの末期や人手のかかる症例を紹介してもらう事が多いと思いますが、そこにおいては、まずは祐ホームクリニックだ、と思ってもらうことが大切です。
一方で、比較的安定している方でも、祐だときちんと診てもらえる、優しく丁寧に診てもらえると思ってもらうことも大切であり、落ち着いた方でもなるべく最初に選んでもらうことを目指しています。
これから一週間は外部の人たちが我々をどうみているのか、何かの時には一番頼られる存在になっているのかを意識して、お仕事をよろしくお願い致します。
六義園1

在宅医療 祐ホームクリニック

プロフィール

祐ホームクリニック石巻

Author:祐ホームクリニック石巻

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。