平成25年度第1Q キックオフ実施

2013年05月13日
既に事業に取り掛かっておりますが、4/26チームビルディング及び組織内での活動理念共有を目的に、キックオフを行いました。

現在組織は新体制となり、事業部門と運営部門2つに分かれています。
事業部門であるコミュニティ推進ユニットはユニット内にさらに2つのチームがあります。

チームビルディング及び組織内での活動理念共有を目的にしたキックオフのメニューは大きく2つ。
①年間事業計画を組織全体で理解し共通認識を持ち、その上で第1Q(四半期)の活動目標をスタッフ全員で考えるワークショップをそれぞれランダムに(いつも活動している人と異なる)5名前後に分かれ3チーム行いました。

②その後通常の活動チームに分かれ、自分以外のメンバーに対して「尊敬しているところ」を紙に書き、お互いに渡しあうということを行いました。

後半②の「尊敬しているところをスタッフ同士で交換」では、うれしくて泣いてしまうメンバーも!

目の前のことにとらわれてついつい忘れてしまいがちな「事業計画の共有」と「チームビルディング」ですが、改めて時間を持つと、組織として同じ方向を向くということ、いつも言えないことが落ち着いて伝えられて絆が強まるというメリットがあります。

今後も3ヶ月に1度、キックオフとして行っていきたいと思います。
第1Qキックオフ_20130426
コミュニティ推進ユニット

5/16渡波公民館で「和小物作りお茶会」を開催しました

2013年05月17日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)のコミュニティ推進ユニット佐々木です。

地域コミュニティ作りを目的に、5月16日(午後)石巻渡波公民館で「和小物作りお茶会」を、万石町でお裁縫が得意な住民さんを中心に開催しました。

主に渡波地区、塩富町・万石町・三和町にお住いの19名の方々に参加していただき、つるし雛の一部となる「ほおずき」を作製しました。完成したほおずきは、同じ布・サイズからスタートしたとは思えないほど様々なほおずきとなりました。住民の方それぞれの思いが作品にあらわれ、とても可愛く、愛らしい仕上がりとなりました。
作製の様子

その後は、参加者の方とお茶っこタイム。皆さん、同じ趣味を持っていらっしゃるので、和小物・手芸の話などで盛り上がり、楽しいひと時を過ごされたように感じました。
完成写真(ほおずき)

次第に住民の方自身で企画を行い、作品完成ごとに地域のつながりが深まっていけるような活動ができていければと思います。
次回は、5月30日(木)渡波公民館で開催予定です。

5/16垂水地区で「楽しく笑って健康づくり」イベントを行いました

2013年05月17日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)の木村(コミュニティ推進ユニット)です。

5月16日(木)住民の方々の健康や繋がりの構築を目的にうしお荘で、渡波地区垂水の「楽しく笑って健康づくり」の健康コミュニティイベントを行いました。

イベント開催前に垂水地区のみなさんの戸別訪問を行い、お誘いしました。私たちが、垂水地区で保健師さん、包括の方々と一緒に行う初めてのイベントでした。当日心配していた天気も晴れて良い天気。13人の方(男性:4人女性:9人)に参加していただきました。渡波包括さんから水戸黄門の歌に合わせて動く運動や、保健師さんから高血圧についての講和をしていただき、参加されたみなさんは、真剣に聞いていました。とても参考になった様子でした。
体操の様子

みなさん、健康について関心が高いことが分かりました。家に帰って、イベントで学んだことを、実行してもらえたらいいなと思います。
これからも、楽しく・笑って・健康維持ができるように、繋がりの構築を目指して活動していきたいと思います。

コミュニティ推進ユニット 木村

5/20  チラシのデザイン力講座に参加しました

2013年05月21日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)コミュニティ推進ユニットの佐々木です。

地域の集まりを実施するときにチラシを作っています。そこで、パソコンママネットさんの見てもらえる!手にとってもらえる!印象的なチラシを作るために「チラシのデザイン力」講座に参加してきました。

午前の部ではチラシに必要な図形機能を学び、午後の部ではグラフィックデザイナーの先生によるチラシの添削をしてもらいました。
さまざまな団体の方が、チラシを先生に添削してもらい、より印象UPチラシが出来上がりました。

チラシを作成するには、まず作り手が楽しむ事が大切!作り手が楽しいと見る人も楽しいはず!との先生の教えを忘れず今後のチラシ作成に取り組んでいきたいと思います。
DSCF1007.jpg
コミュニティ推進ユニット 佐々木

5/23渡波地区・うしお荘で「笑顔の集い」イベントを開催しました

2013年05月27日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略RCI)のコミュニティ推進ユニットの佐々木です。

5月23日(木)住民の方々の健康や地域のつながりの構築を目的に、うしお荘で人と楽しく会話をする「笑顔の集い」を渡波地区住民の方々32名、石巻健康推進課の保健師さん2名、栄養士さん1名、RCIスタッフ5名の40名で行いました。

今回は体操・歌・自己紹介ゲーム等で大変盛り上がり、また保健師さんには住民の方々の血圧測定を行っていただきました。石巻は高血圧で通院されている方が多く、健康の関心度がとても高いためほとんどの方々が血圧測定されていました。

今後も月に一度定期的に「健康・地域のつながり」を目的に住民の方々の会にしていきましょう…という事で、この会のネーミングを参加されている住民の方々で話し合いました。
ひとつに決めるのが惜しいくらいとても良いネーミングがたくさんでましたが、一人で参加してもみんながいる、みんながいるから楽しい時間を過ごすことができる、みんなでそだてていく会、ということから『みんなの会』と決定。
帰りには「楽しかったよ」「次もみんなの会に参加するからね」と言っていただき、スタッフ一同が逆に住民の方々から元気パワーをいただいた日となりました。

みんなの会


コミュニティ推進ユニット 佐々木

2013/5/30 渡波公民館で「和小物作りお茶会」が行われました

2013年06月03日
2013年6月3日

石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略RCI)のコミュニティ推進ユニットの佐々木です。
5月30日(木)地域のつながりを目的に、石巻渡波公民館で2回目の「和小物作りお茶会」を万石町でお裁縫が得意な住民さんを中心に開催しました。
今回も18名の方々に参加していただき、吊るし雛の「巾着」を作製しました。
悪天候にもかかわらず、参加者の方のほとんどが15分前には到着し、巾着の作成図や布を見ながら作製を待ちきれない様子。そして、二度目の顔合わせということで終始和やかなムードで作製が行われました。
この巾着には、「幸せな人生を歩むように…」「お金に困ることがないように…」という願いが込められているそうです。一つ一つの想いを込めて作ったものを集めてひとつの大きな形にする…それが吊るし雛人形。吊るし雛人形が完成するごとに住民の方々のコミュニティが広がっていくような感じがみうけられ、スタッフ一同もうれしく…楽しく参加させていただいています。これから毎回1つずつ作ってみんなで吊るし雛を完成させたいと思います。
次回は6月5日(水)渡波公民館で開催です。

コミュニティ推進ユニット 佐々木

DSCF1179.jpg

2013/6/13 渡波地区・うしお荘で「みんなの会」イベントを開催しました

2013年06月17日
石巻医療圏 健康・生活2013年06月17日
復興協議会(略RCI)のコミュニティ推進ユニットの佐々木です。

6月13日(木)住民の方々の健康や地域のつながりの構築を目的に、うしお荘で健康作りイベント「みんなの会」が開催されました。悪天候にもかかわらず、渡波地区の住民の方26名の参加となりました。
前回までは石巻発祥の「おらほのラジオ体操」のみでしたが、それに加え「北国の春体操」を石巻市保健師さん・包括さんに取り入れていただきました。なじみの曲ともあり自然と体が曲に合わせ動いていたように感じられ、楽しく体操をすることが出来ました。
石巻市保健師さん・包括さんには血圧測定、熱中症予防の講和、近所の繋がりのお話し・チェックリストを用いて住民の方と一緒に地域のつながりの大切さを再確認しました。
熱中症予防のお話の前には、RCIスタッフ一同で熱中症予防の講和に基づく数分の寸劇をさせていただきました。住民の方には笑っていただけるかどうかRCIスタッフ一同ドキドキしていましたが、終始爆笑していただき無事に保健師さんの講和へとバトンタッチすることが出来ました。保健師さんの講和から、人間の体は1日に2.3リットルもの水分が必要で、水分補給の大切さを再度実感しました。夏に向けて水分補給と、熱中症に気をつけていきたいと思います。住民の方にも今後はペットボトルに水をいれるなど、水分を携帯していただくことをお願いしたところ、元気に「はーい」と返事をいただきました。住民さんにも保健師さんのお話が伝わったと感じました。
住民の方にはセッティング・後片付けを率先して手伝っていただき、RCIスタッフ一同感謝しております。ありがとうございました。

コミュニティ推進ユニット 佐々木

熱中症寸劇_20130613

2013/6/18 渡波公民館で「和小物作りお茶会」が行われました

2013年06月21日
2013年06月21日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略RCI)コミュニティ推進ユニットの佐々木です。

6月5日と6月18日に地域のつながりを目的に、石巻渡波公民館で第3回・第4回「和小物作りお茶会」を万石町でお裁縫が得意な住民さんを中心に開催しました。
今回は、お雛様人形と座布団の作製をしました。
参加者の方も会場の雰囲気にだいぶ慣れ、自宅で作製した小物を見せあったり…わからないところをお互いに教えあったりと、和気あいあいとおこなわれました。

江戸時代から始まった吊るし雛…生まれてきた子供の幸せを願い、お母さん、おばあちゃん、叔母さん、近所の人たちで作られ始めたそうです。吊るし雛を作りながら和やかな時間を皆で過ごすのは、どの時代もとてもいいものだと実感させられました。
参加者の方には後片付けを自主的にして頂き、ありがとうございます。

7月は、7月4日(木) 7月18日(木)に渡波公民館で開催です。

コミュニティ推進ユニット 佐々木

DSCF1403.jpg






6/20 渡波垂水地区健康イベント(ロングのりまきづくり)実施

2013年06月24日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)の木村です。

6月20日(木)住民の方々の交流を目的に、うしお荘で「楽しく笑って健康づくり」のイベントを行いました。ロングのりまきを作りました。住民自ら協力し合い、長さ≪6m≫の「のりまき」を作りました。のりまきの中は、「きゅうり」「卵焼き」「干ぴょう」「しいたけ」「でんぶ」と5色で大きな太巻きになりました。

このイベントは、今回で2回目になります。垂水地区のみなさんの戸別訪問を行い、お誘いしました。前日は雨で、天気も心配でしたが、当日は晴れてさわやかでした。
25人の方に(男性:2人 女性:23人)参加していただきました。最初に、渡波包括支援センターさん主導で「おらほのラジオ体操」を行いました。次にロングのりまき作りにのぞみました。太くて「なが~い」のりまきになりました。みんな嬉しそうに笑顔で持ち上げました。栄養士さんによる、食中毒の予防についてのお話しもありました。これから多くなるので、注意したいと思います。
DSCF1488ロングのりまき手元




みなさん、のりまき作りを協力しながら楽しく作っていました。切った大きさもまちまちで、「おいしいね…」と笑顔がいっぱいでした。会の名前も≪すみれ会≫に決まりました。後片付けもみんなで協力して行い、素敵な会になりました。
これからも、すみれ会が、楽しく笑って、健康づくりができるように、お手伝いしていきたいと思います。

コミュニティ推進ユニット 木村

2013/7/11 渡波地区うしお荘で「みんなの会」が行われました

2013年07月22日
2013年7月22日

石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略RCI)のコミュニティ推進ユニットの佐々木です。

7月11日(木)住民の方々の健康や地域の繋がりの構築を目的に、うしお荘で健康づくりイベント「みんなの会」が開催されました。
前回好評の「北国の春体操」で体を動かし、保健師さんの検診の大切さの講和の前に、RCIスタッフ一同で講和に基づく寸劇をさせていただきました。流行語である「今でしょう」をとり入れてみたところ、住民の方に爆笑していただきRCIスタッフ一同大満足の寸劇となりました。その後は童心にかえり、七夕の飾りを折り紙で作製、短冊に願い事を書き、ミニ笹の葉に飾り七夕気分をあじわいました。
前回「みんなの会」の参加の時には熱中症予防の為、水分の携帯をお願いさせていただきましたが、ほとんどの方が持参され、外出の時にも水分を携帯して気を付けているというお声もありました。包括・保健師さんの講和がとても関心の強いものだと実感しました。
これからも参加者の皆さんと楽しい時間を過ごしなから、健康づくり・繋がりを大事にして活動していきたいと思います。

コミュニティ推進ユニット 佐々木


ブログDSCF1885

7/22 「男の遊ぼう会」たこ焼き作り実施

2013年07月23日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)の木村です。

7月22日(月)集まりに参加することで社会参加し、そこで居場所、役割、生きがいを持ってもらうことを目的に、石巻市医師会館で「男の遊ぼう会」のイベントを行いたこ焼きを作りました。たこ焼きの具は、「タコ」「ねぎ」。たこ焼き器のホットプレートで30個焼きました。参加者は2名でしたが作ることを通して交流を深めてもらいたいと思い実施。「初めて作る」と言いながら、クルクルたこ焼きをまわして楽しそうでした。

ソーシャルワーカーさんと実施する初めての取り組みです。初めてお会いするので、どんな方達かなとちょっとドキドキでした。でも、お会いするとお話し好きな楽しい方達で、とても良かったと思いました。
4名の参加希望がありましたが、当日は小雨も降っていたためか、2名の参加になってしまいました。ちょっと、残念でした。最初に、自己紹介をしながら、昔の話をいろいろ話してくれました。次にたこ焼きを作りました。最初にたこ焼きの粉をボールに入れ、卵を入れ、水を入れ、生地の出来上がりです。たこ焼き器に生地を入れ次に「タコ」「ねぎ」を入れクルクル回し、たこ焼きの出来上がり。「銀ダコ」と同じくらいかなと笑いながら「おいしいね」といただきました。

DSCF1882.jpg



「たこ焼き」楽しく作りました。タコがはみ出たり、形が崩れたり色々でしたが、かつお節、青のり、ソース、マヨネーズとお好みでかけて、「おいしいね…」と笑顔いっぱいで食べました。会の名前も今まで通り≪男の遊ぼう会≫です。二人の参加者もまた来たいと話されていて良かったなと、ほっとしました。《男の遊ぼう会》が継続でき、集まりに参加することで社会参加、生きがいづくりに、お手伝いできたらと考えております。

コミュニティ推進ユニット 木村

2013/7/4・25 渡波公民館で「和小物作り」が行われました

2013年08月01日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略RCI)のコミュニティ推進ユニットの佐々木です。
7月4日・25日地域のつながりを目的に、石巻渡波公民館で「和小物作り」を行いました。7月は4日・18日に行う予定でしたが、18日は大雨警報が発令されました。参加者の方の安全を第一に考え、残念ではありましたが25日に延期させていただきました。
3週間ぶりに住民さんにお会いし、「楽しみにしていたよ」「今日は何を作るの?」など笑顔で元気いっぱいな姿を見せていただき、スタッフ一同とても安心しました。つるし雛のパーツとパーツの間に小さい小花のボールを作製しましたが、細かい作業にもかかわらず皆さん楽しそうにしているのがとても印象的でした。住民さんの愛情がこもった一つ一つのパーツを吊るし、つるし雛が完成した時の住民さんの笑顔・歓声が今からとても楽しみで待ち遠しいです。

コミュニティ推進ユニット 佐々木    DSCF1931.jpg


「自分で考える」には、考えることの手順を把握すれば辛くない!

2013年08月12日
8/9、RCIコミュニティ推進ユニットでは、ロジカルシンキング研修を行いました!
先日参加させてもらった仮設支援連絡会でも話題にのぼっていた「自分で考える力」。
桃生・山下でのコミュニティデザインの状況について、市役所の方が「自分たちで考えるってどういうことだろう、と考え始めた状態」と話していました。
まさにRCIでも「自分で考える」問題解決思考・論理的思考の重要性を感じ取り組もうとしていたところでした。

元ボストンコンサルティンググループにいらっしゃった秦充洋様(現:ミレニアムパートナーズ代表パートナー)のご協力をいただき、実現することができました!!秦さん、ありがとうございます!
タイトルは、『人を納得させる「もれない・ダブリない」ものの考え方』研修です。
「ロジカルシンキング」というとなんだか難しい感じがしませんか?
でも習得すると、人にわかりやすく伝えられる、納得してもらえるというメリットがわかると頑張れますよね^^

実は以前、秦さんの講義をうけたことがあり、「いつか石巻でやりたい!」と思っていた & 内部向けに「考える」研修が必要だと思い、実施しました。
「考えるってもうやだ…」とこぼしていたこともあるスタッフ。受け入れられるかドキドキでしたが、「へえー。」「ほー。」「なるほどー。」とみんな意欲的!!
最後はグループワークでなんでもいいので問題をとりあげて解決策まで3人で考えてみてください、とお題を出しました。
スタッフ全員、お子さんのスポーツ少年団の団員を増やして大会に出るには?など身近な問題に当てはめて考えてくれて、「今日の研修はよかったわー」と言ってくれました。

みんな考えることが辛いんじゃなくて、考え方を知らないまま考えることが苦しい原因だったんだと感じました。考えるということの手順さえわかればみんなルールに沿って行うだけ!

参加したスタッフは帰り際、「私たち事業できるんじゃないかしら」と笑顔で話して帰っていきました(笑)
研修:ロジカルシンキング研修(グループワーク)_20130809
コミュニティ推進ユニット 逢坂

8/24・25「 復興マルシェ in 日比谷 宮城げんき市場」が開催されます

2013年08月23日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略称:RCI)の高橋です。

いつも和小物づくりでご協力いただいている講師の方が、8月24日、25日に開催される「復興応援マルシェ in 日比谷公園 宮城げんき市場」で作品を出展します!!

けんちん汁で有名な、臨済宗建長寺(神奈川県鎌倉市)派の住職や東京の民間企業などでつくる任意団体「海の里創造プロジェクト」が主催するイベントです。
コンセプトは「宮城の旬を食べて買って応援してください!」
和小物づくり講師の方の他、石巻市、女川町、気仙沼市の被災者、被災企業が出店します。
ご当地グルメの石巻焼きそばや気仙沼ホルモンのほか、石巻名物の笹(ささ)かまぼこ、ワカメ、ホタテ、日本酒などを販売予定!震災の被害状況を伝える写真パネルも掲示するそうです。
RCIスタッフも石巻の被災者の方々を応援すべく休日を使ってボランティアとして参加します!
皆さん是非ご来場ください!

■日程
8月24日(土)、 8月25日(日)
■場所
日比谷公園にれのき広場
■イベント内容
宮城げんき市場開催
震災写真展、特産品販売、飲食販売、自治体PRコーナー ほか。
■連絡先
アズソリューションズ内
海の里事務局03(3507)5806。
DSCF0273.jpg
IMG_0155.jpg


「万石町集会所」に物品が寄贈されました。

2013年08月28日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)の佐藤です。

8/26(月)、石巻市渡波地区にある「万石町集会所」にテーブル、いすと扇風機を寄贈いただきました!
▶左から海の里創造プロジェクトの方、区長さん、和小物講師の仁子さん
DSCF2228.jpg

10月からRCI和小物づくりの会場を「渡波公民館」から「万石町集会所」に変更予定です。
万石町集会所は津波で被害を受け、使えない状態でした。
応急修理を終え、利用できる状態まで回復したため、
より参加者の方の自宅に近い万石町集会所に変更する事を決めました。

ただ、テーブルといすが震災の被害で無くなってしまった状態でした。。。

困ったなと思っていたら、<海の里創造プロジェクト>さまからテーブルといす、扇風機を寄贈したいというお申し出をいただきました!
▶テーブルといす搬入の様子
DSCF2232.jpg

区長さんも和小物作りの講師の方もとても喜んでいました!!
秋からの新たなスタートが楽しみです!搬入後は、和小物作り講師の仁子さんと寄贈してくださった団体の方と交流を深めました。
▶搬入後の交流会
DSCF2234.jpg
※海の里創造プロジェクトとは・・・
臨済宗建長寺派の住職の方や企業の方が中心となり宮城県の復興支援を行っている団体です。

2013/8/22 渡波公民館で「和小物作り」が行われました

2013年08月29日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略RCI)コミュニティ推進ユニットの佐々木です。

8月22日(木)地域のつながりを目的に、石巻渡波公民館で「和小物作り」を行いました。
今回は鈴の作製をしてから、5月から今まで作製したほおずき・巾着・雛人形を吊るす作業をしました。紐にバランスよく小物を通し・吊るす作業にはとても悪戦苦闘しましたが、出来上がると皆さんの笑顔が見られ、歓声があがりました!今でも忘れられないほど、とても素晴らしい作品になりました。

講師 木村仁子さん
DSCF2217.jpg

仁子さんが「和小物作り」の講師を引き受けてくださった背景に、「気さくに会話を楽しみながら、一つ一つの物を作り上げていく達成感!!をあじわってほしい」という強い願いがありました。それが達成された会といえます!今回の会は、講師・参加者・RCIスタッフ一同全員が今までの会の中で、一番の達成感を感じる瞬間でもありました。
これからも楽しいひとときを皆さんと一緒に過ごしながら、いろいろな想いを吊るし雛に込めて作製していきたいと思います。

DSCF2250.jpg

「男の遊ぼう会」石巻焼きそばを一緒に食べよう!

2013年09月02日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)の木村です。

8月29日(木)石巻市医師会館(栄養指導室)で、生きがい作りと交流を目的にした「男の遊ぼう会」2回目のイベントを行いました。参加者は2名から4名に増え、友人を連れて来てくれた人や、外にあまり出なかった人も参加してくれました。共同作業を通して交流を深め生きがいの場が出来ればと思います。

医療ソーシャルワーカーさんと実施する取り組みです。初めて参加した2名も昔の顔見知りで、会ったとたんに「おー…」とあいさつをしていました。麺も「石巻焼きそば」です。二度蒸しした、茶色い生麺を用いています。だし汁で蒸したソース焼きそばです。麺の上にトッピングで目玉焼きをのせ完成です。参加者のうちの1人はとても上手で手馴れていました。菜箸を持つ手も手慣れた様子で、もやしに油をかけてシャキシャキ感を出していました。私たちはただただ、見とれていました…。

MSW様RCI自立フォローイベント_20130829石巻やきそば_20130829


やりたいと言った「焼きそば」楽しく作りました。次回のイベントも決まりました。参加者の方が希望していたみんなで釣り大会です。参加者の方が自主的に、場所を下見に行ってくれることになっています。エサも決まりました。何が釣れるかとても楽しみです。外出する機会が増え、集まりに参加することで社会参加し、生きがいに繋がっていくことを希望します。

コミュニティ推進ユニット 木村

2013/9/12万石町集会所で「みんなの会」が行われました

2013年09月20日
2013/09/20
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略称:RCI)コミュニティ推進ユニットの齋藤です。

9月12日(木)渡波地区万石町集会所で、住民の方々の健康や地域の繋がりの構築・強化を目的に健康づくりイベント「みんなの会」が開催されました。
今回は、前回までの場所「うしお荘」ではなく、より参加者の方の自宅に近い「万石町集会所」へ場所を変更して行いました。石巻市の保健師さん、渡波地域包括支援センターの方も一緒です。天気にも恵まれ近所と言う事もあり、初参加の方も増え、とても賑やかなひとときとなりました。前回同様「おらほのラジオ体操」、保健師さんによる「北国の春体操」で体を動かし、今回はちょっと懐かしい盆踊り「相馬盆唄」を皆さんと一緒に踊りました。始めは戸惑いもありましたが、音楽がかかると参加者の方も思い出した様に手足が動き楽しみながら一汗かきました。
これからも参加者の方々と楽しい時間を過ごしながら、健康を支える繋がり作り活動を行っていきたいと思います。

写真

9/19 冠婚葬祭の基本マナーを聞こう!

2013年09月24日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)の木村です。

9月19日(木)すみれ会の皆さんに、地域のつながりを作ってもらい、楽しみながら健康づくりをしていただくことを目的に、うしお荘で午前10時から「マナー講座」を行いました。「マナー講座」は、すみれ会の時に今後どのようなことがしたいか、伺いました。その中に冠婚葬祭のマナーを知りたいとの要望がありました。教えて下さる方を色々探してみました。ようやく出会うことができこの日を迎えられることが出来ました。テレビCMでご存知かと思いますが【あいあーる】のお二人です。今回ボランティアで来ていただきました。「葬祭会館セレモール」佐々木さん、「パレス平安」菅原さんです。

参加者19名! 当日は、秋晴れです! 
7月は台風で大嵐! 8月はお盆で中止!… 「残念!」
3か月ぶりです! それでも、19名の方が参加してくれました。元気に参加してくれて、とても嬉しかったです。仕事を休んで、来てくれた人もいました。この背景には、区長さん民生委員さん、保健推進委員さんの協力がありました。
DSCF8268.jpg



「マナー講座」みなさん、真剣に聞いていました。質問も積極的でパワフルでした。
「封筒にお金どう入れるの!」「結婚式どれくらいかかるの」
「結納どっちが出すの!新郎側、新婦側…」
「うーん…」「そうなんだ!」「ここだけなんだ!」とざわざわと聞こえてきます。
とっても参考になったようでした。

コミュニティ推進ユニット 木村

9月26日渡波公民館で「和小物作り」を行いました

2013年09月30日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略RCI)コミュニティ推進ユニットの佐々木です。

9月26日(木)、渡波公民館で「和小物作り」を行いました。
5月からスタートした「和小物作り」ですが、参加者の方のお声掛けによって、創作の得意な方・興味のある方々が増え続け、開催最多の23名となりました。
今回は食欲の秋…ということで、果物シリーズ第2弾『みかん』を作製しました。次回は『いちご』の予定です。
5月から渡波公民館で行っていましたが、10月からは震災後使用不可能となっていた「万石町集会所」で行えることになりました。参加者の方からは、自宅から近くなり、階段の昇降もなく、なにより震災以前から慣れ親しんでいた集会所で行えることが嬉しいとの声でした。

DSCF8330.jpg


「友達の友達は皆友達だ!渡波に広めよう和小物の輪!!」を合言葉に10月3日(木)から万石所集会所で新たなスタートとなります。〈何十年も前の流行語を少し変えましたが…ご存じでしょうか?〉スタッフ一同新しい会場で緊張感もありますが、今まで以上気合いを入れていきたいと思います。

コミュニティ推進ユニット 佐々木

9/27 「男の遊ぼう会」 釣った魚であら汁を食べよう!生きがいづくり!

2013年10月01日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)の木村です。

9月27日(金) 渡波佐須浜で釣り大会。釣った魚であら汁を石巻市医師会館(栄養指導室)で作りました。中高年男性向けの生きがい作りと、交流を目的にした「男の遊ぼう会」3回目のイベントです。参加者は3名です。一緒に魚釣りをして、一緒にあら汁を作ることで、得意なことで、自信を持つことができる!みんなに教えることができる!そして、生きがいを持つことができる!そんなことを実感できる場所になればと思います。

医療ソーシャルワーカーさんと実施する取り組みです。釣り大会では、参加者自身が、釣竿の準備や飲み物も準備して、釣る気満々です。エサは「アオイソメ」。ちょっと気持ち悪いかな!でもつけてくれるんです。参加者みんなが!何が釣れるのかちょっと不安でしたが、ハゼやカジカなど21匹もつれました。みんな「つれた~」「すご~い」と初めて参加した県外から来てくれている、ソーシャルワーカーさんたちも大騒ぎです。釣った魚はあら汁となりました。参加者が自信満々で作ってくれたあら汁です。魚の作り方も指導してくれました。みんなの自信作です。おにぎりも参加者が持ってきてくれました。みんなの分です。とってもおいしかったです。あら汁は、それぞれ、4杯も食べてしまいました。
DSCF8338.jpg



参加者みんなが希望していた魚釣りです。みんな生き生きしていました。次の「男の遊ぼう会」も決まりました。芋煮会です。「男の遊ぼう会」生きがいづくりに、繋がるようになればと感じています。

コミュニティ推進ユニット 木村

10/3 切り絵で来年のカレンダーを作ろう!

2013年10月04日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)の木村です。

【びじん会】
10月03日(木) いしのまきハウスで「切り絵で来年のカレンダーを作ろう」を行いました。参加者は8名です。「家にいると何もすることがないわ」「来るの楽しみだわ」と楽しみに来てくれました。【びじん会】は少しずつ繋がりができ始めていることを感じています。そのつながりが、生きがいにも繋がることを目的にしています。

今日はA3の画用紙に両面で、半年分ずつ切り絵でカレンダーを作りました。私たちが作った切り絵を貼ります。魚・野菜・花.果物・色々な切り絵です。参加者は、「良く作ったね」「大変だったね」と感心し喜んでいました。参加者は真剣に考えながら、紙の上で、構成を考えていました。参加者の中には、「スイカは夏だから裏の方に貼ろうか」「来年は午年だから、どこに馬貼ろうかな」といろいろ悩んで、脳活性化です。
IMG_0012.jpg



参加者みんなが、色々なバリエーションで、色々な切り絵の使い方で、それぞれに、アドバイスをしたりされたりと、大人の切り絵で、大人のカレンダーが出来ました。
【びじん会】とっても素敵です!とっても仲良しです!

コミュニティ推進ユニット 木村

10/10万石町集会所で「みんなの会」がおこなわれました

2013年10月21日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略RCI)のコミュニティ推進ユニットの佐々木です。

10月10日(木)渡波万石町集会所で「みんなの会」が開催されました。参加者33名と今回もたくさんの住民の方々に参加していただきましたが、初参加者の方が4名もおられとてもうれしく思います。
今回は保健師さんにインフルエンザの予防接種の大切さをお話していただき、その後は指遊びゲームで盛り上がりました。
「みんなの会」の自主化に向け、参加者の方がコップや座布団の片付け等の協力をお願いしておりました。そのかいがあって今回から受付も住民協力員さんとRCIスタッフで一緒に行いました。参加者同士で足腰の不自由な方の分などの片付けをしてくださっている姿、また玄関などの段差がある場所では手を差しのべる姿などが見受けられ、とてもあたたかく、アットホームな会になっているようにスタッフ一同感じております。

DSCF8586.jpg

だんだん気温が下がり寒くなってきていますが、参加者の方々のおかげでスタッフ一同の心は…春の陽気のようにポカポカと暖かな気分になっています。

コミュニティ推進ユニット 佐々木

10/17 みんなで介護を学ぼう

2013年10月24日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)の木村です。

10月17日(木)すみれ会の皆さんに、楽しみながら健康づくりをしていただくことを目的に、うしお荘で午前10時から「介護を学ぼう」を行いました。「介護を学ぼう」は、すみれ会の時に、今後どのような事をしたいかを、伺った所「介護の事が知りたい」との意見が多く聞かれました。渡波包括支援センターから、ケアマネさん、社会福祉士さんなど4名の参加をいただき、寸劇を交えながら介護保険の申請から利用するまでをわかりやすく説明していただきました。


参加者10名! 4回目で、ちょっと減少です。
前日最大級の台風で石巻にも被害が出ました。すみれ会のみなさん、何もなければいいのですが!台風後の片づけで忙しかったのか、参加者が少なかったのが、ちょっと残念でした。包括さんによれば、介護を身近に感じる前の60歳から事前に知っておいていただきたいという事でした。事前に知っておけば、必要になった時、どこに問い合わせすればいいかわかりますよね!
IMG_0036.jpg



「介護を学ぼう」みなさん、真剣に聞いていました。質問も出ました。
「要支援1」「要支援2」どう違うの? などなど…
栄養士さんから「魚」「果物」の適量についてのお話しもありました。
みかん3個は多いから家族と分けて食べましょうとのアドバイスもありました。適量は2個です。
保健師さん、栄養士さん、包括さんのお話しは、住民の方たちはとても喜んで聞いていることを感じました。

コミュニティ推進ユニット 木村

10/3・17万石町集会所で『和小物作り』が行われました

2013年10月24日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略RCI)コミュニティ推進ユニットの佐々木です。
5月より渡波公民館で開催されていた「和小物作り」が、10月より万石町集会所で行われることになりました。震災後初めて訪れた方も多く、「随分きれいになったね」「明るくていいね」などの声がありました。9月9日にRCIスタッフと一緒に「みんなの会」「和小物作り」に参加している数名の参加者の方が、万石町集会所の清掃を自主的に手伝ってくださったおかげでもあります。
「和小物作り」の参加者も最近では20名前後となり、講師の方だけでは制作説明も難しくなってきました。今後の「和小物作り」自主化へ向け、「和小物作り」の参加者の4名の方、講師、RCIスタッフで一緒に事前の制作合同研修を行っていただきました。17日の当日には制作補助の協力をしていただき、参加者の方々にスムーズに制作を行っていただくことが出来ました。協力していただいた方々は「これからもみんなで一緒に楽しんでいきたい」「これも縁だもの」「自分に出来ることは協力していくわ」などとありがたいお言葉ばかりでした。

DSCF0004.jpg

よく「言葉では表せない」といいますが、まさに…RCIスタッフ一同言葉ではあらわせないほど、参加者の方々の思いやりに感謝しております。そして、今まで以上に参加者の方々と一緒により良い会になるように精一杯頑張っていきます!!

コミュニティ推進ユニット 佐々木

10/31 「男の遊ぼう会」 芋煮を作って食べて釣り大会!

2013年11月05日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)の木村です。

10月31日(金) 石巻市医師会館(栄養指導室)で豚汁を作り佐須浜で食べて、釣りをしました。中高年男性向けの生きがい作りと、交流を目的にした「男の遊ぼう会」4回目のイベントです。参加者は3名です。新しい参加者が1名増えました。一緒に豚汁を作りおにぎりを作り、釣りをする。参加者自身がしたいことをすることは、自信に繋がり生きがいに繋がる事を感じました。

医療ソーシャルワーカーさんと実施する取り組みです。豚汁は参加者に作ってもらいました。「大根」、「じゃがいも」、「里いも」、「人参」、「ごぼう」、「こんにゃく」、「豚肉」、「豆腐」いっぱい入りました。具だくさんのみそ仕立てです。味付けも参加者自身です。「薄いんじゃないか」「濃いんじゃないか」と色々意見が出て、とってもおいしく出来上がりました。佐須浜でおにぎり、豚汁を食べ魚釣りをしました。近くの住民の方にも食べていただきました。おいしいと言ってくれて、お話をして情報交換もしました。魚も20匹つれました。魚が釣れる度に歓声が上がりました。住民の方も色々声を掛けてくれて、釣った魚までいただきました。協力していただき、感謝です!
IMG_0016.jpg
参加者みんなが希望していた芋煮会です。河原ではできませんでしたが、魚釣りをしながらみんなで食べることが出来て、参加者からはとても楽しかったとの声が聞かれました。参加者がしたいことをすることで、外出の機会や、生きがいに繋がるようになればと感じています。

コミュニティ推進ユニット 木村

10/14 【びじん会】すごろくゲーム&健康のお話し

2013年11月15日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)の木村です。

11月14日(木)【びじん会】がいしのまきハウスで開催されました。なんと、10回目です。内容は、「すごろくゲーム」&保健師さんから「健康のお話」を聞きました。参加者は6名です。お休みした方もいましたが「体も動かすし、笑う事が出来て、とても楽しかった」と嬉しそうに話してくれました。初めての時は緊張した顔が見られましたが、最近の参加者の顔に変化が見られます。きれいで、にこやかになりました。とっても素敵です。
やっぱり【びじん会】です。

今日は「すごろくゲーム」です。「初恋はいつですか」「スタートに戻ってください」「早口言葉を言ってください生麦生米生卵」と順番に進んでいきました。
戻ったり、進んだり「人生そのものだね」と全員で大笑いです。
保健師さんから、「要介護を予防するために」と講和と軽体操を学びました。日本人の平均寿命は女性:86歳、男性:79歳世界一です。「ぴんぴんころり」が理想です。「パ、タ、カ、ラ」の発声練習をすると口腔機能が向上するとのお話を聞き、みんなで発声練習を行いました。手ぬぐい体操にも取り組んでいました。
びじん会ブログ
保健師さんのお話しはとても真剣に聞いていました。たくさん話したり、たくさん笑ったりすることが、健康に繋がる事を学びました。今日のサイコロゲームは笑ったり、いっぱい話したり、いいことだらけでした。参加者の笑顔が素敵でした。

コミュニティ推進ユニット 木村

11/14万石町集会所で『みんなの会』が開催されました

2013年11月21日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略RCI)の佐々木です。

11月14日(木)渡波万石町集会所で『みんなの会』が開催されました。今回も多くの住民さんに参加していただきましたが、今回はなんと…初の男性が参加されました。後日、男性参会者の方にお話をうかがったところ、知り合いの男性の方々に今後の『みんなの会』参加の声掛けをしてくださったそうです。スタッフ一同感激‼ありがとうございます。
「こんにちは…初めにじゃんけん大会をします~」のスタッフの声掛けで『みんなの会』がスタート。「あっ負けた」「やった~」と盛り上がりの中、勝者3名が決定したところで舞台に上がっていただきました。「勝者3名のご褒美は~なんと‼おらほのラジオ体操をここでしていただきます~」と笑顔のスタッフと苦笑いの勝者3名、会場中は手をたたきながらの大爆笑…そして、「おらほのラジオ体操」「北国の春体操」「栄養士さんの食生活のお話し」「保健師さんの手遊び」「歌詞本塗り絵」「歌」と内容が盛りだくさんの会となりました。

DSCF0088.jpg


声を出すことは健康の第一歩。参加者の方々に健康な毎日を過ごしていただきたいという願いをこめて、BGMに復興ソング「花は咲く」をながしました。これからも第2木曜日の万石集会所では、参加者の笑いの花がいっぱい咲くことでしょう。次回は12月12日開催です。スタッフ一同楽しみにしています。

コミュニティ推進ユニット 佐々木

11月7・21日渡波地区万石町集会所で『和小物作り』を開催しました

2013年11月22日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略RCI)の佐々木です。

11月7・21日(木)渡波地区万石町集会所で『和小物作り』が開催されました。
7日は「とまと」、21日は「かぶ」「花ボール」を作製しました。「花ボール」はスチロール球を半分にカッターで切る作業があり、四苦八苦されていた参加者の方も中にはおられましたが、隣の方々が手伝ってくださりと無事に完成‼とても可愛い仕上がりとなり参加者の方々も大満足の笑顔でした。

万石町集会所は震災で被害が大きかったため、現在は電気・水道は使用可能ですがガスはまだ使用できない状態です。ストーブも設備されていないため、冬にむけて寒さの心配をして下さった参加者の方がストーブを寄贈して下さいました‼

DSCF0003.jpg

                      渡波地区 阿部さん

この寄贈していただいたストーブを使用した会場は、暖かい空気につつまれ…参加者、スタッフ一同の気持ちまでもあたたかくしていただきました。大事に使用させていただきます。本当にありがとうございました。

11/27   秋の遠足

2013年12月03日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)の木村です。

11月27日(水)中高年男性向けの生きがい作りと、交流を目的にした「男の遊ぼう会」
5回目のイベントです。参加者は3名です。「釣り石神社」にお参りし、上品の里でそばを食べようと言う、歩いて食べて健康づくりの企画です。上品の里のそばを食べたいと言う、参加者の声を実現させました。

医療ソーシャルワーカーさんと実施する取り組みです。車の中での移動はお話しが弾んで賑やかでした。釣り石神社にお参りし、上品の里でそばを食べました。地元の食材のセリなどが使われています。みんなで、おいしくいただきました。

DSCF3041.jpg

参加者が行きたかった所にみんなで行きました。神社の急な階段を、スタスタ登る参加者がいました。すごいです!足の痛みもないそうです!
みんなで食べた「そば」も「おいしかったね」と嬉しそうでした。
外出の機会を増やし、参加することで、生きがいと健康に繋がるようになればと感じています。

コミュニティ推進ユニット 木村

在宅医療 祐ホームクリニック

プロフィール

Author:祐ホームクリニック石巻

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示