2013/7/11 渡波地区うしお荘で「みんなの会」が行われました

2013年07月22日
2013年7月22日

石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略RCI)のコミュニティ推進ユニットの佐々木です。

7月11日(木)住民の方々の健康や地域の繋がりの構築を目的に、うしお荘で健康づくりイベント「みんなの会」が開催されました。
前回好評の「北国の春体操」で体を動かし、保健師さんの検診の大切さの講和の前に、RCIスタッフ一同で講和に基づく寸劇をさせていただきました。流行語である「今でしょう」をとり入れてみたところ、住民の方に爆笑していただきRCIスタッフ一同大満足の寸劇となりました。その後は童心にかえり、七夕の飾りを折り紙で作製、短冊に願い事を書き、ミニ笹の葉に飾り七夕気分をあじわいました。
前回「みんなの会」の参加の時には熱中症予防の為、水分の携帯をお願いさせていただきましたが、ほとんどの方が持参され、外出の時にも水分を携帯して気を付けているというお声もありました。包括・保健師さんの講和がとても関心の強いものだと実感しました。
これからも参加者の皆さんと楽しい時間を過ごしなから、健康づくり・繋がりを大事にして活動していきたいと思います。

コミュニティ推進ユニット 佐々木


ブログDSCF1885

7/22 「男の遊ぼう会」たこ焼き作り実施

2013年07月23日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)の木村です。

7月22日(月)集まりに参加することで社会参加し、そこで居場所、役割、生きがいを持ってもらうことを目的に、石巻市医師会館で「男の遊ぼう会」のイベントを行いたこ焼きを作りました。たこ焼きの具は、「タコ」「ねぎ」。たこ焼き器のホットプレートで30個焼きました。参加者は2名でしたが作ることを通して交流を深めてもらいたいと思い実施。「初めて作る」と言いながら、クルクルたこ焼きをまわして楽しそうでした。

ソーシャルワーカーさんと実施する初めての取り組みです。初めてお会いするので、どんな方達かなとちょっとドキドキでした。でも、お会いするとお話し好きな楽しい方達で、とても良かったと思いました。
4名の参加希望がありましたが、当日は小雨も降っていたためか、2名の参加になってしまいました。ちょっと、残念でした。最初に、自己紹介をしながら、昔の話をいろいろ話してくれました。次にたこ焼きを作りました。最初にたこ焼きの粉をボールに入れ、卵を入れ、水を入れ、生地の出来上がりです。たこ焼き器に生地を入れ次に「タコ」「ねぎ」を入れクルクル回し、たこ焼きの出来上がり。「銀ダコ」と同じくらいかなと笑いながら「おいしいね」といただきました。

DSCF1882.jpg



「たこ焼き」楽しく作りました。タコがはみ出たり、形が崩れたり色々でしたが、かつお節、青のり、ソース、マヨネーズとお好みでかけて、「おいしいね…」と笑顔いっぱいで食べました。会の名前も今まで通り≪男の遊ぼう会≫です。二人の参加者もまた来たいと話されていて良かったなと、ほっとしました。《男の遊ぼう会》が継続でき、集まりに参加することで社会参加、生きがいづくりに、お手伝いできたらと考えております。

コミュニティ推進ユニット 木村

在宅医療 祐ホームクリニック

プロフィール

祐ホームクリニック石巻

Author:祐ホームクリニック石巻

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示