7/29  みんなでなが~い海苔巻をつくりましょう!

2013年08月01日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)の木村です。

7月29日(月)湊地区の皆さんに、交流を促進し、地域のつながりを作ってもらい楽しみながら健康づくりをしていただくことを目的に、鹿妻南コミュニティハウスで午後2時から「ロングのりまき作り」を行いました。先日渡波地区でも行った企画です。この湊地区で行うのは初めてにもかかわらず、参加者32名! この背景には地区の保健師さんや民生委員さんの協力のほか、特にパワフルだったのは地域の保健推進委員さんです。

当日は、お天気も心配でしたが、なんとか曇り空! 32名の参加者の中には親子4代で参加してくれた家族もいました。1歳のかわいい女の子も参加してくれました。

DSCF1969.jpg


「ロングのりまき」楽しく作りました。参加者32名+学生6名での、のりまきづくり初めてです。みなさんの協力で、あっと言う間に出来上がりです。とてもきれいに出来上がりました。共同作業、大満足で持ち上げていました。


コミュニティ推進ユニット 木村

2013/7/4・25 渡波公民館で「和小物作り」が行われました

2013年08月01日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略RCI)のコミュニティ推進ユニットの佐々木です。
7月4日・25日地域のつながりを目的に、石巻渡波公民館で「和小物作り」を行いました。7月は4日・18日に行う予定でしたが、18日は大雨警報が発令されました。参加者の方の安全を第一に考え、残念ではありましたが25日に延期させていただきました。
3週間ぶりに住民さんにお会いし、「楽しみにしていたよ」「今日は何を作るの?」など笑顔で元気いっぱいな姿を見せていただき、スタッフ一同とても安心しました。つるし雛のパーツとパーツの間に小さい小花のボールを作製しましたが、細かい作業にもかかわらず皆さん楽しそうにしているのがとても印象的でした。住民さんの愛情がこもった一つ一つのパーツを吊るし、つるし雛が完成した時の住民さんの笑顔・歓声が今からとても楽しみで待ち遠しいです。

コミュニティ推進ユニット 佐々木    DSCF1931.jpg


「自分で考える」には、考えることの手順を把握すれば辛くない!

2013年08月12日
8/9、RCIコミュニティ推進ユニットでは、ロジカルシンキング研修を行いました!
先日参加させてもらった仮設支援連絡会でも話題にのぼっていた「自分で考える力」。
桃生・山下でのコミュニティデザインの状況について、市役所の方が「自分たちで考えるってどういうことだろう、と考え始めた状態」と話していました。
まさにRCIでも「自分で考える」問題解決思考・論理的思考の重要性を感じ取り組もうとしていたところでした。

元ボストンコンサルティンググループにいらっしゃった秦充洋様(現:ミレニアムパートナーズ代表パートナー)のご協力をいただき、実現することができました!!秦さん、ありがとうございます!
タイトルは、『人を納得させる「もれない・ダブリない」ものの考え方』研修です。
「ロジカルシンキング」というとなんだか難しい感じがしませんか?
でも習得すると、人にわかりやすく伝えられる、納得してもらえるというメリットがわかると頑張れますよね^^

実は以前、秦さんの講義をうけたことがあり、「いつか石巻でやりたい!」と思っていた & 内部向けに「考える」研修が必要だと思い、実施しました。
「考えるってもうやだ…」とこぼしていたこともあるスタッフ。受け入れられるかドキドキでしたが、「へえー。」「ほー。」「なるほどー。」とみんな意欲的!!
最後はグループワークでなんでもいいので問題をとりあげて解決策まで3人で考えてみてください、とお題を出しました。
スタッフ全員、お子さんのスポーツ少年団の団員を増やして大会に出るには?など身近な問題に当てはめて考えてくれて、「今日の研修はよかったわー」と言ってくれました。

みんな考えることが辛いんじゃなくて、考え方を知らないまま考えることが苦しい原因だったんだと感じました。考えるということの手順さえわかればみんなルールに沿って行うだけ!

参加したスタッフは帰り際、「私たち事業できるんじゃないかしら」と笑顔で話して帰っていきました(笑)
研修:ロジカルシンキング研修(グループワーク)_20130809
コミュニティ推進ユニット 逢坂

8/24・25「 復興マルシェ in 日比谷 宮城げんき市場」が開催されます

2013年08月23日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略称:RCI)の高橋です。

いつも和小物づくりでご協力いただいている講師の方が、8月24日、25日に開催される「復興応援マルシェ in 日比谷公園 宮城げんき市場」で作品を出展します!!

けんちん汁で有名な、臨済宗建長寺(神奈川県鎌倉市)派の住職や東京の民間企業などでつくる任意団体「海の里創造プロジェクト」が主催するイベントです。
コンセプトは「宮城の旬を食べて買って応援してください!」
和小物づくり講師の方の他、石巻市、女川町、気仙沼市の被災者、被災企業が出店します。
ご当地グルメの石巻焼きそばや気仙沼ホルモンのほか、石巻名物の笹(ささ)かまぼこ、ワカメ、ホタテ、日本酒などを販売予定!震災の被害状況を伝える写真パネルも掲示するそうです。
RCIスタッフも石巻の被災者の方々を応援すべく休日を使ってボランティアとして参加します!
皆さん是非ご来場ください!

■日程
8月24日(土)、 8月25日(日)
■場所
日比谷公園にれのき広場
■イベント内容
宮城げんき市場開催
震災写真展、特産品販売、飲食販売、自治体PRコーナー ほか。
■連絡先
アズソリューションズ内
海の里事務局03(3507)5806。
DSCF0273.jpg
IMG_0155.jpg


「万石町集会所」に物品が寄贈されました。

2013年08月28日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(RCI)の佐藤です。

8/26(月)、石巻市渡波地区にある「万石町集会所」にテーブル、いすと扇風機を寄贈いただきました!
▶左から海の里創造プロジェクトの方、区長さん、和小物講師の仁子さん
DSCF2228.jpg

10月からRCI和小物づくりの会場を「渡波公民館」から「万石町集会所」に変更予定です。
万石町集会所は津波で被害を受け、使えない状態でした。
応急修理を終え、利用できる状態まで回復したため、
より参加者の方の自宅に近い万石町集会所に変更する事を決めました。

ただ、テーブルといすが震災の被害で無くなってしまった状態でした。。。

困ったなと思っていたら、<海の里創造プロジェクト>さまからテーブルといす、扇風機を寄贈したいというお申し出をいただきました!
▶テーブルといす搬入の様子
DSCF2232.jpg

区長さんも和小物作りの講師の方もとても喜んでいました!!
秋からの新たなスタートが楽しみです!搬入後は、和小物作り講師の仁子さんと寄贈してくださった団体の方と交流を深めました。
▶搬入後の交流会
DSCF2234.jpg
※海の里創造プロジェクトとは・・・
臨済宗建長寺派の住職の方や企業の方が中心となり宮城県の復興支援を行っている団体です。

2013/8/22 渡波公民館で「和小物作り」が行われました

2013年08月29日
石巻医療圏 健康・生活復興協議会(略RCI)コミュニティ推進ユニットの佐々木です。

8月22日(木)地域のつながりを目的に、石巻渡波公民館で「和小物作り」を行いました。
今回は鈴の作製をしてから、5月から今まで作製したほおずき・巾着・雛人形を吊るす作業をしました。紐にバランスよく小物を通し・吊るす作業にはとても悪戦苦闘しましたが、出来上がると皆さんの笑顔が見られ、歓声があがりました!今でも忘れられないほど、とても素晴らしい作品になりました。

講師 木村仁子さん
DSCF2217.jpg

仁子さんが「和小物作り」の講師を引き受けてくださった背景に、「気さくに会話を楽しみながら、一つ一つの物を作り上げていく達成感!!をあじわってほしい」という強い願いがありました。それが達成された会といえます!今回の会は、講師・参加者・RCIスタッフ一同全員が今までの会の中で、一番の達成感を感じる瞬間でもありました。
これからも楽しいひとときを皆さんと一緒に過ごしながら、いろいろな想いを吊るし雛に込めて作製していきたいと思います。

DSCF2250.jpg

在宅医療 祐ホームクリニック

プロフィール

祐ホームクリニック石巻

Author:祐ホームクリニック石巻

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示