祐ホームクリニック吾妻橋院長 井上 貴裕(いのうえ たかひろ) の在宅医療に込める思いをお届けします

2017年09月01日
~在宅医療、そして街づくりへ~
「ああ楽しい人生だったなぁ!」人生の最期においてそう思えたら、それはまさしく“最高の人生”ではないでしょうか。人々にそう思える人生を送って頂く、そのためには何をしたら良いのか?それが私の命題です。そんな思いで在宅医療の世界に飛び込みました。
”最高の人生”とは、「何事も無く生きて、ピンピンコロリと死を迎える。」これが”理想“でしょう。でも・・・、長生きすると病気に罹ります!これは避けては通れないことです。ならば、どのように病気を予防する、あるいは病気の進行を抑えたらよいのでしょうか?どうやって病気と付き合うべきでしょうか?病気になったらどの様に医療・介護を受けるべきでしょうか?そんな不安を街中の人たちが持っていることでしょう。
街ぐるみで不安を解消できないでしょうか?街でその人、一人ひとりを支えたい、一人ひとりが楽しい人生を送ることができる「街」を作りたい、そのように考えています。私の考えるキーワードは、「笑顔」です。”あなたが笑顔になれば、私も嬉しい。そして、町中のみんなが幸福になれる”~作り笑いでは無く、心の底からわき出るような笑顔を!もうひとつのキーワードは、「ありのままで」です。”あなたらしく有るように、最期まで“ありのまま”で生き抜きましょう。”~その人は、最期までその人であるべき!
私の医療は、”街の遊撃隊”です。こちらから、ご自宅に伺います。「どうしたら人生を一番幸福に過ごせるのか?」、それをみんなでじっくりと話し合います。そして、「一緒に歩いて行きましょう!」と声を掛けます。私は、まずは医療の面からそんな方々に寄り添います。こうして、『住み慣れた地域・我が家で最期まで』を叶える為に、「街作りから行う在宅医療」を実践しています。
吾妻橋:井上医師

祐ホームクリニック平和台で防災訓練を行いました!

2017年09月07日
2階オフィスより窓から縄梯子をつたい1階に降りたのですが、2階からでも改めて見下ろすと怖いといった感想や、はしごが思ったより柔らかかったなどの感想がありました。
万が一の事態に備え、日ごろから防災意識を高めていきたいと思います!
■実施日 9/1(防災の日)
■参加者 15名
■内容
・火災発見時の対応の確認
・消火器位置の確認
・避難ばしごの位置・使い方・実地研修
避難訓練

祐ホームクリニック吾妻橋 入職者インタビュー

2017年09月13日
7月に診療アシスタントとして入職し、大活躍をしている井上さんに今後の抱負や、診療アシスタントの魅力を語っていただきました。是非ご一読ください!

■祐ホームクリニック吾妻橋で実現したいこと
祐ホームクリニックの文化、仕事の進め方を学び吾妻橋の訪問診療を支えることができる人材になりたいです。その上で、前職のクリニックでの経験を活かし、組織に貢献できるような提案ができればと思っています。また、地域の外部関係者さんとの日々のやりとりや、勉強会・カンファレンスなどへの参加を通し、地域とのつながりを深め、地域からも信頼して頂けるような存在となりたいです。

■診療アシスタントの魅力について
前職の医療法人でも診療アシスタントとして勤務をしていたのですが、医療行為をすることのない自分に出来ることは何かと考え、例えば、同僚の看護師や勤務日数の少ない非常勤医師が働きやすいと感じてもらう為に何が必要なのか考えサポートを行うことや、医療事務の方への負担を減らす為に少しでも手伝えないかと診療報酬について学び、サポートを行っていくと周りから喜んでもらえ、各現場が円滑に業務を行えるようになり、それが一番のやりがいだと感じるようになりました。祐ホームクリニックでも、組織の緩衝材となり、医療チームの負担を減らすことで組織に貢献し、やりがいを感じていきたいと思っていますし、それが一番の魅力だと考えています。

■診療アシスタントの難しさについて
訪問におけるスケジュール管理にはとても気を遣っています。
事前に決まっている定期訪問のスケジュール調整はもちろんのこと、突発的に入る緊急往診においては、患者様、患者様ご家族のご都合、医師の都合、既存ルートとの整合性を総合的に鑑みてタイムリーにアジャストしていく必要があります。

■入職前イメージと入職後のギャップ
面接時に受けた暖かい印象と、入ってからの職場の同僚のみなさんから感じる印象は同じでとても暖かく、良い雰囲気で働くことができ、イメージの面でのギャップはありませんでした。残業時間なども事前に説明を受けていた通りで、ワークライフバランスがとても改善しました。

■祐ホームクリニック吾妻橋のここがオススメ!
職種間の壁がなくみんなととても話しやすいところが一番のオススメポイントです。働きやすい環境っていいですよね。

■個人的な夢
お城など、歴史的背景や由縁がある建造物にとても興味があり、今の夢は日本100名城を回りたいと思っています。
井上アシスタントさん

学会発表のお知らせ

2017年09月14日
第28回日本在宅医療学会学術大会にて祐ホームクリニック(文京区千石)事務長・薬剤師 岡崎 理絵(おかざき りえ)が口頭発表いたします。

■学会名:第28回日本在宅医療学会学術大会
■日 程:2017年9月17日、18日
■場 所:京王プラザホテル
■テーマ:在宅支援診療所薬剤師の退院カンファレンスへの参加
■発表者:祐ホームクリニック(文京区千石)事務長・薬剤師 岡崎 理絵(おかざき りえ)

学会発表のお知らせ

2017年09月14日
祐ホームクリニック(文京区千石)医師 夏堀龍暢が第7回DSフォーラムIN徳島にて講演します!

■日 時:2017年9月22日(金)18時45分~20時30分
■講演者:祐ホームクリニック(文京区千石)/医師 夏堀 龍暢(なつぼり たつのぶ)
■会 場:徳島大学病院 西病棟11階 日亜メディカルホール
■主 催:大日本住友製薬㈱
■テーマ:「在宅精神科医療の実際~都市部の在宅医療診療所における精神科医療の取り組み~

学会発表のお知らせ

2017年09月19日
第28回日本在宅医療学会学術集会にて医療法人社団鉄祐会 祐ホームクリニック 事務局長 園田 愛(そのだ あい)が発表します!

■学会名:第28回日本在宅医療学会学術大会
■日 程:2017年9月18日(月・祝)
■会 場:京王プラザホテル
■プログラム:シンポジウム3「在宅医療のコミュニケーションツール 私はこうして使っている」
■テーマ:在宅コミュニケーションツールの運用と課題
■発表者:医療法人社団鉄祐会 祐ホームクリニック 事務局長 園田 愛(そのだ あい)

祐ホームクリニックが見える事例検討会を開催しました

2017年09月25日
9月22日(金)文京区大原地域活動センターにて開催しました。
今回で6回目となり、活発な意見が交わされる有意義な検討会となりました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。みえけん20170922

勉強会のご案内

2017年09月26日
10/18(水) 祐ホームクリニック吾妻橋 副院長 安井 博規(やすい ひろき)が在宅療養に関する勉強会@祐ホームクリニック吾妻橋を開催致します!

祐ホームクリニック吾妻橋は開院後1年半を迎えました。ひとえに皆様のお陰ですが、これからも今まで以上に強固な連携を築いていけるように勉強会を企画いたしました。参加のご希望がございましたら、是非ご連絡ください!

年間を通じたシリーズでの開催を考えておりますので、皆様が普段疑問に思われていることを中心に一緒に理解を深めることができればと思います!

■日 時:2017年10月18日(水)12時30分~13時00分
■講演者:祐ホームクリニック吾妻橋(墨田区吾妻橋)/副院長 安井 博規(やすい ひろき)
■テーマ:「質の高い在宅療養を実現する為のポイント~緊急入院を防ごう~」
■会 場:祐ホームクリニック吾妻橋/最寄駅:浅草線 本所吾妻橋駅A3出口
■住 所:東京都墨田区吾妻橋2-3-13 セルウィン・ハウス2階
■定員:15名
■ご予約について
・参加ご希望の方は、祐ホームクリニック吾妻橋(0503-821-2171(直通))へご連絡下さい。

講演のご案内

2017年09月26日
10/1(日) 在宅医療シンポジウムで祐ホームクリニック理事長 武藤 真祐(むとう しんすけ)が講演をさせて頂きます!
※東京保険医協会ホームページから参加のお申込みが可能です。 ⇒こちら からどうぞ。
■日 時:2017年10月1日(日)14時~17時
※武藤の講演は14時30分~となります。
■会 場:東京保険医協会セミナールーム/東京都新宿区西新宿3-2-7KDX新宿ビル4F
■テーマ:「東京、石巻、シンガポールでの在宅医療とICTシステムの開発・展開」

在宅医療 祐ホームクリニック

プロフィール

祐ホームクリニック石巻

Author:祐ホームクリニック石巻

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示