健康・生活アセスメント 調査員

2011年12月09日
健康・生活アセスメントの調査や情報伝達は、全国から専門職や
ボランティアが集まっていただいています。
寒さが増し、屋外での活動は、手がかじかむ程の寒さです。
黙々と住民の健康・生活調査や情報伝達に取り組む熱い女性達がいます。

111209-01.jpg
情報伝達班の吉川明紀さん(山形県)と藤峯あずささん(北海道)。
住民に、法律相談、買い物サービス、住宅相談、車両相談の情報を伝達しています。
住民から「こんなサービス知らなかった!助かるわ」と喜んでいただけるのが
嬉しいと言っていたのが印象的でした。
彼女たちは、4月から被災地に来て住民の困窮を見てしまったので、
最後まで見届けたいと活動を続けています。

111209-02.jpg
調査への出発前に訪問したら食事時でした。
100円で購入したシシャモをみんなで分けて食べていました。

111209-03.jpg
調査班のリーダー 菅原洋子さん(看護師)は、本日まわる調査先の
地域の確認や伝達する情報をメンバーに伝えます。

111209-04.jpg
小泉香織さん(静岡・看護師)

111209-05.jpg
田村来実さん(神奈川・介護士)

111209-06.jpg
調査に必要な資料や資材を積み込み、出発です。

111209-07.jpg

彼女たちが1件1件調査してきた住民の健康・生活情報は、
1件も無駄にすることなくきっちりフォローに繋げていかなければ
いけないと、改めて強く感じました。

祐ホームクリニック

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

家が全壊し実家に居ましたが、アパートが見つかり来週入居する事になりました。仮設に入った方はお布団の配布があるそうですが、民間借り上げの場合は無理なのでしょうか

Re: はじめまして

> 仮設に入った方はお布団の配布があるそうですが、民間借り上げの場合は無理なのでしょうか

ゆうさん、こんにちは。
宮城県の民間借上住宅の窓口にて問い合わせしました。
民間借上住宅への支援は20万円を上限として
5種類(ガスコンロ、照明器具、カーテン、給湯設備、エアコン)が
生活必需品として準備要請され、布団は対象とならないとの事でした。

ありがとうございました。

在宅医療 祐ホームクリニック

プロフィール

Author:祐ホームクリニック石巻

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示